メディット

医療モールとは

医療モール増加の背景

開業を検討しつつも、経営や集患を一人でうまくできるのか、不安を感じているドクターも多いのではないでしょうか。近年、医療モールは医療施設としての機能だけでなく、地域医療の活性化につながる存在として注目されています。医療モールは、これから独立するドクターの開業先として、どのようなメリットがあるのでしょう。

本記事では、医療モールの基礎情報から医療モールで開業する際のメリット・デメリットまで幅広く紹介しています。開業を計画中のドクターは、ぜひ参考にしてください。

医療モールとは

医療モールとは、診療科が異なるいくつかのクリニックが1カ所に集まっている運営形態です。患者にとって利便性が高いだけでなく、ドクターにとっても経営と診療の両面でメリットが多いため、都心部を中心に増加しているスタイルです。

医療モールには「医療ビレッジ」「医療モール」「医療ビル」といった3つのタイプがあります。ここでは、それぞれの特徴を紹介します。

メディットは、メンバー向けに開業に必要なサービスを無料で紹介します

まずは、メンバー登録する
まずは、メンバー登録する

開業相談・診療圏調査(無料)はこちらから>

戸建てクリニックが集まる「医療ビレッジ」

戸建てタイプのクリニックが1カ所に集まっているタイプです。計画段階から医療施設を前提に建築するため、外装の統一感や内装などをクリニックのコンセプトに合わせやすくなるなど自由度が高くなります。駐車場は他クリニックと共有になることが多いです。

商業施設に併設する「医療モール」

駅ビルやショッピングモールなどの一角に、クリニックが集合するエリアを設けるスタイルです。ショッピングモールの呼び名に倣って医療モールと呼ぶようになっています。商業施設は地域のランドマークとして親しまれることが多いため、クリニックの認知度も上がります。また、ショッピングを兼ねて来院する患者も見込めます。

テナントすべてが医療機関の「医療ビル」

ビル内に複数のクリニックや調剤薬局などが入っているスタイルです。医療ビルの多くでは、エレベーターの設置やバリアフリー設計が採用されています。最初から医療施設が入居することを目的に建てられているため、患者やドクター目線で使いやすい設計になっています。

医療モールが増加している背景と理由

医療モールの増加には、高齢化社会に起因するさまざまな要因が大きく関係しています。ここでは、2つの主な要因について説明します。

高齢化にともなう医療費の増加

日本の国家財政は歳入が歳出に及ばない赤字の状態が長く続いています。医療経済についても急速な高齢化を反映して、高齢者医療費が年々大幅に上昇しています。今後、保険制度を支える現役世代の人口は、ますます減っていくとみられます。

このような状況下で高齢者医療費が増加し続けると、保険制度そのものを維持できなくなることが懸念されます。政府は高齢者医療費の削減のため、病床数の削減と後発医薬品の促進及び薬価改定により医療費の削減に力を入れているのが実情です。

何れにしろ高齢化に伴い患者数が増加の一途を辿ることに変わりはなく、開業医の高齢化とも相まって新規で開業する医師のニーズも高まっています。

病床数の削減と開業医の増加

政府は医療費の削減のため、集中治療が不要な軽症患者や治療期間の長い慢性期の患者については、介護施設や在宅での通院を促進し、2025年までに病床数を119万床とするとしています。この病床数削減方針により病院施設数も減少し、2018年時点で8,378施設となり2008年より435施設も減少する結果となっています。病院施設数が減少する一方、ドクターの人数は増えているため、勤務医の就職先が不足する地域もあります。そのため、開業に踏み切るドクターも増え、開業医が増加し、地域によっては競争が激化している状況も見られます。

特に、クリニックが集中している都心部では集患が難しくなっています。そこで、これから開業しようとするドクターに相乗効果の期待できる医療モールが注目されています。

医療モールの役割

医療モールの役割は総合的な初期医療、且つ専門医療を患者に提供することです。駅の近くなどアクセスがよい場所に、複数の診療科クリニックが集まっていれば、患者は一度の外出で複数の治療を済ませられます。従来は大学病院や地域の基幹病院に通院していた患者が、同じレベルの診療が受けられる医療モールへ通院することで、大学病院や基幹病院ではより重篤な患者の対応に専念することができるなど、相互にメリットが生まれます。さまざまな医療従事者と患者が集まり、新しい地域コミュニケーションが生まれる場を提供できるのも医療モールならではです。

医療モールで開業するメリットとデメリット

医療モールでの開業は、ドクターにとってどのようなメリットとデメリットがあるのかについて解説します。

メリット

集患につなげやすい

医療モールはアクセスが便利な立地に設けられるケースが多いため、来院する患者の数も見込めます。また、一人で独立して開業するケースよりも、複数のクリニックが入っている医療モールのほうが認知度も上がりやすく、効率的な集患が可能となります。

看板や駐車場などの設備資金の負担を軽減させられる

医療モール内で開業すれば看板や駐車場などを、複数のクリニックや調剤薬局で共有できるため、設備にかかるコストも分担することができ、負担を減らせます。待合室やトイレなども共有することが可能です。コストが軽くなる分、患者にとってより快適で便利な設備に還元しやすくなることも医療モールのメリットといえます。

他クリニックと連携がしやすくて専門医療に集中できる

病状によっては他の診療科の専門医による治療や、意見が必要になるケースも出てくるでしょう。医療モールなら1カ所に複数の診療科の専門医が集まっているため、ドクター同士で情報を共有したり患者を紹介したりすることも可能です。そのため、効率的に自分の専門分野に集中できます。

クリニックの経営やスタッフたちの人間関係について、相談できる仲間がいることもメリットでしょう。

デメリット

モール内の人間関係に巻き込まれる

開業を目指すドクターの中には、医局での人間関係から解放されて思い通りの医療を実現したいという方も多いのではないでしょうか。医療モールの場合は大病院の医局のような上下関係はないものの、中には治療方針が合わないドクターもいる可能性があります。その場合でも相互協力していける人間関係を維持しなければなりません。開業の際には、一緒に医療モールに入る他クリニックのドクターの情報を集め、モール全体で連携を取ることを意識するとよいでしょう。

施設の決まりや建物の使いにくさがある

単独でクリニックを開業する場合、立地から設備やデザインまで、すべてを自分の理想に沿う形で自由に決められます。しかし、医療モールは複数のクリニックが使用する目的で作られているため、標榜科目や診療時間など細かい部分で制約を受ける可能性があるかもしれません。医療モールの企画会社や建物の担当者など、事前に入念な打ち合わせをしておくことが大切です。

医療モールで開業した成功例・失敗例

【成功例】

医療モールで開業する場合、最も重要なのは立地選びです。患者が楽にアクセスできる立地とは駅から歩いて3分以内の物件といわれています。

たとえば、乗降客数の多い駅と直結した商業施設で開業したクリニックは、開業してすぐに集患できました。また、都内の主要路線の駅から徒歩2分のビルに開業したクリニックも集患に成功しています。

専門性の高いクリニックが集まる医療モールを選ぶことで、成功につながったという事例もあります。そういった医療モールでは、お互いに競合にならずに紹介しあえることがメリットです。それぞれの専門性を活かした医療を提供できるため、地域の医療レベルも向上します。また、医療モール内には調剤薬局も出店しているため、利便性も高まります。

【失敗例】

失敗例で多いのは、医療モール内のドクター同士が良好な人間関係を築けず、医療モールとしてのコンセプトを実現するに十分な連携が取れないというケースです。

複数の専門クリニックが集うことが医療モールのメリットであるにも関わらず、予定にあった他クリニックの開業がなかったという事例もあります。高齢者やファミリー層の入居があるとされた住宅地に人が集まらなかったなど、原因はさまざまです。

医療モールでの開業で失敗しないためには、物件を決める前には書類上の情報だけで判断せず、現地へ実際に足を運んで周辺の環境を見て回ることが大事です。また、開業後においても各業者や他クリニックのドクターと密なやりとりを交わすことが大切です。

まとめ

医療モールで開業すれば、コストや集患などの経営面の負担が軽くなるだけでなく、他クリニックとの連携や専門分野への集中のしやすさなど、デメリット以上にメリットがあります。

メディットは、35年間で開業支援実績1,400件にのぼるクリニック経営の支援サービスを展開しています。これまでにも大型ショッピングセンターやマンション開発業者などと連携した、多くの医療モールを企画・開発してきました。医療モールでの開業を検討するドクターは、ぜひ一度、メディットにお問い合わせください。

メディットは、メンバー向けに開業に必要なサービスを無料で紹介します

まずは、メンバー登録する
まずは、メンバー登録する

開業相談・診療圏調査(無料)はこちらから>

TOPICSトピックス

トピックス一覧
トピックス一覧