医療機器リース

たとえば一般的な内科クリニックの開設には医療機器、什器備品、内装造作、テナント保証金、運転資金などで総額7,000万円程度の資金が必要になると言われています。

一般的な内科クリニックの開設に必要な資金
医療機器リース

開業資金のうち医療機器については自己資金や借入ではなく「リース」での調達が多く行われています。以下、リースの仕組みについて簡単にご紹介いたします。

リースとは・・・
・先生自身がご希望される機器をリース会社が購入し、先生に賃借(リース)するものです
・物件所有に伴う費用はリース会社が負担しており、使用期間中はリース料を支払うだけです
・リース期間満了後は、再リース若しくは物件返還を選択いただきます

リースを含め、各ファイナンスの形態については下記をご覧ください。

医療機器リース

リースの3大メリット
1.リース料は定額料金です。金利上昇のリスクはありません。
2.動産総合保険が付保されています。万が一の事故も安心です。
3.契約手続きが簡単で担保も不要です。法人化の際の継承手続きも簡易です。

リースの対象物件
医療機器、コンピューター(電子カルテ等)、医療用家具(机、椅子、ロッカー等)、電化製品(テレビ、冷蔵庫他)

リース契約の流れ
医療機器リース

※申込みに際しましては、次の書類が必要となります。
事業計画書/医師免許証/経歴書/前年度確定申告書(直近分)/印鑑証明書 等


【よくある質問】

Q1:リースとレンタルの違いは?
A1:リースは先生が選定した機器を比較的長期(5~7年が一般的です)にわたり使用いただくのに対し、レンタルはレンタル会社の保有在庫の中の機器を、1日単位から数ヶ月の短期間で利用することになります。

Q2:内装など、機器以外のものもリース対象になるの?
A2:リースの対象になるのは「動産」のみです。内装については「支払委託契約」によりファイナンスのお手伝いをさせていただきます。

Q3:リース契約の期間終了後、機器は自分のものになるの?
A3:ご契約満了後に継続して機器をご利用になる場合には「再リース契約」を締結のうえ、継続してご利用いただきます。年額の再リース料は基本期間中のリース料年額の1/10程度となります。