診療科目によって必要な機器や必要な敷地面積なども異なりますので、「必要十分な開業資金」も、ドクターのコンセプトによって大きく異なってきます。しかし、これまでに多くの開業をお手伝いしてきた当社には、ドクターのあらゆる質問や不安に対して、実例を挙げてご説明できるだけの実績とノウハウがあります。

例えば、「科目ごとの投資額の目安」「1,000万円の借り入れを返済する場合の返済例」「人にお金を払う(人件費)立場としてのノウハウ」「開業地の土地は購入したほうが良いのか? 借りたほうが良いのか?」といったケースbyケースのご質問やご相談に対しても、公知の情報をもとに、何が先生に一番合っているのかディスカッションしながら、きちんとロジックを組み立てていく作業をしています。

開業に必要な費用について


このような質問・不安にもお応えするノウハウがあります

●何に一番お金が掛かるのか?

開業に必要となる費用には様々ありますが、大きなものでは内装費用や医療機器、小さいものでは広告宣伝費や消耗品費などがあげられます。普段馴染みのないものも多いかと思いますので、下記に一般的な内科クリニック(テナント開業)のケースを例に見てみたいと思います。

費用 概算金額 概要
内装造作費 2,000万円 ・院内の床、壁、天井の組立てや装飾、付随する照明、空調などの費用
・工事単価は坪あたり40~50万円程度
医療機器 2,000万円 ・電子カルテ、一般撮影装置、超音波診断装置、内視鏡、心電計、CR等の費用
什器備品 200万円 ・待合ソファー、診察机及び椅子、休憩室用机及び椅子、電話設備、レジスター、タイムカード等の費用
敷金
(or保証金)
240万円 ・賃貸借契約に際し、賃料等の契約上の債務を担保する為に預ける費用
・月額賃料の6~12ヶ月程度
礼金

仲介手数料
80万円 ・礼金:賃貸借契約の謝礼として賃貸人に支払う費用
・仲介手数料:賃貸借契約に際し不動産会社を通した場合に支払う手数料
・各々月額賃料の1ヶ月程度(礼金は2~3ヶ月のケースもあり)
前家賃 80万円 ・賃貸借契約開始から開業前(内装工事等の準備期間)までに発生する家賃
・2ヶ月分程度
運転資金 2,000万円 ・開業当初の売上が少ない時期でも人件費や家賃等の固定費を支払う必要があり、その費用を予め想定して準備しておく資金
医師会
入会金
200万円 ・医師会に入会する場合に必要となる費用で金額は各医師会により差異あり
広告宣伝費 300万円 ・開業時に製作する、開院チラシ、リーフレット、ホームページ、看板等の費用
消耗品
+予備費
200万円 ・開業時の診察券等印刷物、筆記用具等の事務用品、医薬品等及び予備費

これらの費用を準備する為に資金調達を行う必要があります。まず、自己資金として幾ら準備できるかを検討します。そして残りを銀行からの借入やリース会社からのリースで賄います。因みに、自己資金の目安は総投資額の5~10%を準備するのが望ましいと言われています。


●自分の診療科目の場合、どの位の広さが必要なんだろう?

次に必要資金額を大きく左右するテナントの広さについて見ていきたいと思います。テナント面積が広くなれば、内装費用も大きくなりますし、敷金等も大きくなってきます。ご自身の診療科目がどの程度の広さが必要なのかを認識しておくことは資金計画の上では勿論、場所探しの点からも重要になってきます。

【診療科目別必要面積】
一般内科
内科
小児科
小児科
整形外科
整形外科
耳鼻咽喉科
耳鼻科
皮膚科
皮膚科
眼科
眼科
脳神経外科
脳外科
必要面積 35~45坪 30~40坪 60~70坪 30~40坪 25~35坪 30~40坪 60~70坪
内装費用 2,250万円 2,000万円 2,800万円 2,000万円 1,750万円 2,000万円 6,000万円
補足事項 内視鏡有りの場合45坪が理想 2診+隔離室、X線室を設ける場合35坪以上は必要 リハビリ室は45㎡以上確保 繁忙期には待合室が混雑するので40坪確保するのが理想 レーザー治療有りの場合、30坪以上必要 手術室有の場合40坪確保が理想 MRI、CT導入のケース。シールド、X線防護工事があるので注意

参考例)内科クリニックのレイアウト図

内科クリニックレイアウト
クリック拡大


開業時に必要となる医療機関について
次に開業時に必要となる医療機器について、診療科目別に見ていきたいと思います。ご自身の診療科目にはどの程度の医療機器が必要なのか?またいくら掛かるのか?下記リストをご参考にしていただければと思います。

一般内科医療機器概算リスト(一般内科)
医療機器名 概算金額 備考
一般撮影装置 230万円  
CR/PACS装置 230万円 PACSモニタ2台構成
超音波画像診断装置 300万円 腹部、頸動脈プローブ構成
電子内視鏡システム 680万円 上部、下部スコープ構成
内視鏡洗浄器 180万円  
心電計 80万円 ビュワーソフト含まず
電子カルテ 300万円 3台構成
【合 計】 2,000万円  
(参考)滅菌器 30万円  
(参考)スパイロメータ 15万円  
(参考)血圧脈波装置 90万円  
(参考)ホルター心電計 60万円  
(参考)AED 30万円  

小児科医療機器概算リスト(小児科)
医療機器名 概算金額 備考
一般撮影装置 230万円  
CR/PACS装置 230万円 PACSモニタ2台構成
血球計数CRP測定装置 350万円  
滅菌器 30万円  
電子カルテ 300万円 3台構成
【合 計】 1,140万円  

整形外科医療機器概算リスト(整形外科)
医療機器名 概算金額 備考
一般撮影装置 450万円 天井式
CR/PACS装置 700万円 PACSモニタ2台構成
骨密度測定装置(DXA式) 280万円 前腕骨測定タイプ
リハビリ機器 1,120万円 干渉波、マイクロ波、ウォーターベッド 他
ギブスカッター 20万円  
滅菌器 30万円  
電子カルテ 400万円 4台構成
【合 計】 3,000万円  
(参考)超音波骨折治療器 50万円  

耳鼻咽喉科医療機器概算リスト(耳鼻咽喉科)
医療機器名 概算金額 備考
診療ユニット 170万円  
電動椅子 140万円  
ネブライザー 160万円 3人用
電子内視鏡システム 350万円  
オージオメータ/聴力検査室 310万円  
滅菌器 30万円  
画像ファイリングシステム 160万円  
電子カルテ 250万円 2台構成
【合 計】 1,570万円  
(参考)一般撮影装置 350万円 防護ボックス込
(参考)CR装置 200万円  

皮膚科医療機器概算リスト(皮膚科)
医療機器名 概算金額 備考
顕微鏡 30万円  
CO2レーザー装置 250万円  
Qスイッチレーザー装置 840万円  
滅菌器 30万円  
電子カルテ 250万円 2台構成
【合 計】 1,400万円  

眼科医療機器概算リスト(眼科)
医療機器名 概算金額 備考
眼底カメラ 320万円  
眼圧計 320万円  
静的視野計 380万円  
液晶視力表 45万円  
診療デスク/電動椅子 80万円  
検眼鏡 15万円  
スリットランプ 280万円  
レンズメーター 30万円  
滅菌器 30万円  
電子カルテ 300万円 3台構成
【合 計】 1,800万円  
(参考)眼科向け電子カルテファイリング機能付 1,000万円 接続モダリティ数による
(参考) 白内障手術器械 一式 2,000万円  

脳神経外科医療機器概算リスト(脳神経外科)
医療機器名 概算金額 備考
一般撮影装置 230万円  
MRI装置 1.5T 7,500万円  
CT装置 32列 2,500万円  
CR/PACS装置 1,200万円 PACSモニタ2台構成
超音波画像診断装置 270万円 腹部、頸動脈プローブ構成
電子カルテ 300万円 3台構成
【合 計】 12,000万円