開業するにあたっては様々な検討事項がありますが、勤務医時代には得られないそれ以上のメリットが期待できます。


なぜ、開業するのか
  • 自分の裁量で自由に仕事がしたい
    (プライベートの時間を作りたい、医局の人間関係に煩わされたくない)
  • 勤務医ではできなかった独自の診療スタイルを実現したい
  • 生まれ育った地域に医療を通じて貢献したい
  • 親が開業をしていて、その事業を承継するため
  • 経済的成果(今より多くの収入)を得るため
開業することで責任や負担が増えること
  • 代診など代わりがいない(体調不良、学会参加など)
  • 集患・増患の対策を自ら行う必要がある
  • 患者からの訴訟に対し全面的に矢面に立つこととなる
    (従業員行為含む)
  • 経営者(資本家)として資金負担が発生する
    (設備投資資金、運転資金)
  • 従業員の労務管理を行う必要がある(人材確保、トラブル対応)

前述の通り開業することのメリット・デメリットには様々ありますが、ここでは主に収入面での違いを中心にご説明したいと思います。開業することはリスクを伴う分、リターンも大きいことが魅力の一つと言えそうです。

勤務医と開業医の収入の違い
勤務医と開業医の収入の違いとして、勤務医は給与収入、開業医は事業収入=「収入」-(「経費」+「事業借入の返済」)となります。統計では勤務医の1.7倍の差があると言われています。しかし、開業医の収支差額を賄っている費用としては報酬の他、事業借入の返済、病気などで休業した場合の所得保障や将来のための積立(修繕費、設備投資、引退後の生活補償など)といったものが含まれ、勤務医の給与とは内容や性質が異なります。


病院勤務医と診療所医師(開業医)の給与比較

勤務医と開業医の収入の違い

出展:厚生労働省「勤務医の給料と開業医の収支差額について」


勤務医の給与収入の場合、間接経費は可処分所得より賄いますが、開業医の事業収入の場合、総収入より賄うことが可能です。すなわち事業用として経費化できる場合があります。同じ可処分所得の場合でも、差引所得可能額に差がでてきます。

勤務医と開業医の収入の違い