まずやるべきこと

開業を思い立ったらまずやるべき事

私たちがお手伝いしてきたドクターからお話を聞いても開業を思い立った理由は「家族」、「医局」、「労働環境」と本当に様々です。しかし、この段階ではまた「開業」を憧れのような存在に捉えているに過ぎません。今後10年以上に渡ってクリニックを経営していくという長い道のりを考えた場合、開業に憧れを持つだけではその道のりを歩んでいくのに不十分です。
開業を思い立ったら「なぜ開業をしたいのか」、「どのようなクリニックを作っていきたいのか」というコンセプトを明確にすべきです。そしてそのコンセプトを目標として突き詰めていくことが安定した開業準備と開業後の経営につながっていきます。

まずやるべきこと


コンセプトが果たす役割
開業準備を進めていく中で、又、クリニック経営を行っていく中でドクターは様々な決断を迫られますが、コンセプトが唯一の判断基準となります。これは求められる決断の優劣が評価しにくいケースがほとんどだからです。
例えばクリニックの名称をどのようなものにするかという点を考えると、何れの名称をつけたとしても間違いであるとはいえません。しかしコンセプトに合致しているかという基準を設けることで判断がしやすくなります。
コンセプトがなければ判断に迷いが生じるだけではなく、それぞれの判断がばらばらになりかねません。

コンセプト事例

開業に関わる業務
開業のために必要な業務は多岐にわたりますが、主だったものを挙げると以下のようなものがあります。

主な業務 内容
開業地選定
開業地選定
立地調査、診療圏調査、将来性の予測、継承物件の検討
事業計画策定
事業計画策定
投資金額の決定、収支の想定、損益計算書・キャッシュフロー表の作成
資金調達
資金調達
調達方法の検討、調達先の選定、金融機関への相談・申込・面談等
内装設計
内装設計
建物本体工事との調整、設計・内装業者の選定、保健所への事前確認
医療機器
医療機器
機器の選定・発注、内装業者との調整、納入スケジュールの調整、操作指導
人事労務・求人
人事労務・求人
人員計画の策定、就業時間・時給等の検討、各種規定の作成、求人広告、面接・採用、雇用契約
宣伝広告
宣伝広告
リーフレット・チラシ等の検討、看板・サインの検討、ホームページの作成、SEO対策
会計・税務
会計・税務
会計処理
行政手続
行政手続
開設届、保険医療機関指定申請、各種公費申請、消防関連